Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

五輪を紹介

五輪を紹介

松山英樹、初日は欧州2勝のA・レビーと対戦

 松山英樹、初日は欧州2勝のA・レビーと対戦

 

 昨年2回戦で敗退した松山英樹はリベンジを果たせるか!? WGC-キャデラックマッチプレー選手権(2015)(事前情報) 写真・Getty Images

WGC-キャデラックマッチプレー選手権(4月29日~5月3日、米国カリフォルニア州・TPCハーディングパーク、7127ヤード、パー72)
 
  現地時間28日。明日から開幕するWGC-キャデラックマッチプレー選手権のプロアマ戦が行われ、松山英樹は18ホールをプレーし、その後練習場で最終調整を行った。
 
  今大会は、昨年までのアクセンチュアマッチプレー選手権から名称が変更され、開催時期も2月からザ・プレーヤー選手権の前週に移動し、世界ランキング上位の64名が出場。同16位の松山英樹は日本選手で唯一出場する。
 
 「コースは難しい。ラフは深いし、グリーンも昨日までは超軟らかかったのに、いきなり硬くなった。(マッチプレーは)常に最終日のような緊張感でできるので、嫌いじゃないです」
 
  試合形式は、3日目まではグループリーグ(4名ずつの16グループに分けて総当たり戦)、4日目と最終日は決勝ラウンド(各グループトップの選手によるトーナメント)というサッカーワールドカップと同様の形式に変更された。
 
 「(一回負けても)ワンチャンスあるということはうれしいですが、自分のゴルフを常にすれば大丈夫かなと思います」
 
  松山はグループ16に入り、フランスのアレクサンダー・レビー(世界ランク54位)、オランダのユースト・ルイテン(同44位)、そして、昨年の初優勝したザ・メモリアルトーナメントでプレーオフを戦ったケビン・ナ(同21位)の順に対戦。
 
 「まあ、知っている選手ですし、やりにくいもやりやすいもないですけど。調子がよかったらみんなアンダーで回ってくる。ここに出ている選手はみんなそうだから、油断しないようにやれればいいなと思います」
 
  WGCシリーズは、目標のメジャーに次ぐビッグタイトル。
 
 「マッチプレーというのは年に一回しかないし、変な感じ。他のWGCは大きなタイトルという気がするけど、マッチプレーだけ大きく感じない。まあそれでもタイトルは欲しい。最終日に残れるようにしっかり頑張りたい」
 
 本記事は「ParOn」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。