Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

五輪を紹介

五輪を紹介

ダイハツ「ムーヴ」「タント」新しい衝突回避支援システム採用

 ダイハツ「ムーヴ」「タント」新しい衝突回避支援システム採用

 

 ダイハツ工業は5月11日、軽乗用車「ムーヴ」「タント」に衝突回避支援システム「スマートアシストII」を採用するなど一部改良を施し、発売する。

 ダイハツ「ムーヴ X “SA II”」

 ダイハツ「タント G “SA II”」

 今回の一部改良では、「ムーヴ」「タント」に衝突回避支援システム「スマートアシストII」を採用。従来の「スマートアシスト」にカメラを新搭載することで、新機能「衝突警報機能(対歩行者)」「車線逸脱警報機能」が追加されたほか、衝突回避支援ブレーキ機能の作動速度を約40~50km/hに拡大するなど、従来の機能の性能向上も果たしている。

 「タント」では2014年度の軽自動車新車販売台数No.1になったことを記念し、トップエディションにLEDフォグランプや専用14インチアルミホイールなどを装備して魅力向上を図っている。その他、パワースライドドアにワンタッチオープン機能を追加することで使い勝手を向上させ、「VSC&TRC」の全車標準装備によって安全性も向上した。

 価格は、「ムーヴ」が113万4,000~180万3,600円、「タント」が122万400~187万3,800円(ともに税込)となる。

 「ムーヴ フロントシートリフト カスタム X “SA II”」

 あわせてダイハツは、軽福祉車「ムーヴ フロントシートリフト」「タント スローパー」「タント ウェルカムシート」にも「スマートアシストII」を搭載し、5月11日に発売することを発表している。

 「タント ウェルカムシート」では、最廉価となる「L」グレードを追加することで入り口価格を下げながら、全グレードに「スマートアシストII」を標準装備。「タント スローパー」「タント ウェルカムシート」では、ベース車と同様にパワースライドドアにワンタッチオープン機能を追加し、VSC&TRCの全車標準装備化も実施した。スーパーUV&IRカットガラス(フロントドア)やスーパークリーンエアフィルターの標準装備化なども行われている。

 価格は、「ムーヴ フロントシートリフト」が127万~158万円、「タント スローパー」が143万~181万円、「タント ウェルカムシート」が152万5,000~186万円(ともに税込)。

 「ムーヴ」

 「ムーヴ カスタム」

 「タント」

 「タント カスタム」