Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

五輪を紹介

五輪を紹介

南野が先発のザルツブルク、敵地で勝利しオーストリア杯決勝に進出

 南野が先発のザルツブルク、敵地で勝利しオーストリア杯決勝に進出

 

  オーストリア・カップ準決勝が28日に行われ、グレーディヒとU-22日本代表FW南野拓実の所属するザルツブルクが対戦した。南野は先発出場している。
 
  前半は両チームともにゴールを奪うことができず、スコアレスドローで折り返す。後半に入って65分、エリア手前右でパスを受けた南野が、中央へ切り込んで左足を振り抜くと、強烈なシュートは枠の右隅に飛ぶが、相手GKに弾き出された。
 
  74分、ザルツブルクの先制で試合が動く。味方のスルーパスから、ワンタッチでエリア内に抜けだしたニルス・クアシュナーが、右足でシュートを放つも、右ポストに直撃。こぼれ球を相手DFがクリアを試みるが、ボールはクロスバーに当たり跳ね返る。そこに再びクアシュナーが反応すると、シュートはまたもクロスバーに当たるが、今度はそのままゴールに吸い込まれた。
 
  さらに78分、ロングパスからペーター・アンカーセンがエリア内右に抜け出して折り返しを入れると、マルセル・ザビツァーが右足で合わせる。一度は相手GKは阻まれるも、こぼれ球を押し込んでゴールネットを揺らした。ザルツブルクがリードを2点に広げる。
 
  試合はこのままタイムアップを迎え、ザルツブルクが敵地で2-0の勝利。オーストリア・カップ決勝へと駒を進めた。
 
 【スコア】
 グレーディヒ 0-2 ザルツブルク
 
 【得点者】
 0-1 74分 ニルス・クアシュナー(ザルツブルク)
 0-2 78分 マルセル・ザビツァー(ザルツブルク)
 
 

 本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。