Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

五輪を紹介

五輪を紹介

【e-Sportsの裏側】「e-sports SQUARE」店長に聞く、日本e-Sportsの未来

 【e-Sportsの裏側】「e-sports SQUARE」店長に聞く、日本e-Sportsの未来

 e-Sportsに携わる「人」にフォーカスを当てて、これからの日本のe-Sportsシーンを担うキーパーソンをインタビュー形式で紹介していく【e-Sportsの裏側】。第1回目はMulti-Gaming Teamである「DetonatioN」CEO梅崎伸幸氏へのインタビューを敢行し、日本のe-Sportsチームが抱える課題や今後の展望について語って頂きました。
 
 第2回目の【e-Sportsの裏側】を飾るのは、日本初のe-Sports専用プラットフォームとして、2014年に鳴り物入りで秋葉原に拠点を構えた「e-sports SQUARE AKIHABARA」の店長を務める本田亮輔氏に、その笑顔の裏に秘めた熱い思いを語って頂きました。
 
 ―――本日はお時間を頂きありがとうございます。「e-sports SQUARE AKIHABARA」ができてから、あっという間に1年以上が経過しましたね。
 
 本田氏:ありがとうございます。2014年の1月24日に秋葉原にてオープンをさせて頂いて、バタバタと1年が過ぎてしまいました。
 
 ―――今の心境はどうでしょうか?
 
 本田氏:いろいろあったなぁ…と。良いことも悪いこともひっくるめてですが。
 
 ―――本田さんから見て、日本のe-Sports市場はどうですか?
 
 本田氏:以前に比べるとかなり認知度が高まったな、と感じています。e-Sports専門学校等も設立されるようで、一般の方にも「プロゲーマー」という単語が知れ渡ったなと。
 
 ―――本田氏も以前はe-Sportsのプレイヤーでしたよね?
 
 本田氏:「daahon」というプレイヤーネームです。
 
 ―――本田さんはこれまでどのようなキャリアを歩まれているのでしょうか?
 
 本田氏:現在はe-sports SQUARE AKIHABARAの店長をしておりますが、元々は設計関係の専門学校に通っていて、CADを用いて設計についての勉強をしていました。専門学校を卒業した後は、某自動車メーカーで車の設計士として3年間勤務をしまして、その後飲食業界の会社に転職をしました。もともと個人経営のお店に携わりたいと考えておりまして「個人経営でやりやすいのは何だろう?」と考えた時に、一番はじめに頭に浮かんだのが飲食店。「飲食業でお店を持てることを目指そう!」ということで、前職とは全く違った業界に足を踏み入れました。
 
 ―――なるほど。今とは全然違う業種・職種ですね。…