Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

五輪を紹介

五輪を紹介

【EU】船長はワインで酔っぱらい、マリフアナを吸いながらかじを握っていた<密航船転覆>

【EU】船長はワインで酔っぱらい、マリフアナを吸いながらかじを握っていた<密航船転覆>

<密航船転覆>「船長は酔っぱらって操船」生存者証言

 【ローマ福島良典】「船長はワインで酔っぱらい、マリフアナを吸いながらかじを握っていた」
「かじを切り損ね、救助船に船体をぶつけた」--。18日にリビア沖の地中海で起きた密航船転覆事故の生存者の証言から、
手引き業者による危険な操船の実態が明らかになった。密航船には約850人の難民・移民が乗っていたとみられ、
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は21日、事故の死者数を推定800人以上と発表した。

 マルタ当局は当初、救助された生存者を約50人と伝えていたが、28人と判明。生存者は20日、
イタリア南部シチリア島に移送された。イタリア当局は20日、操船していたチュニジア人の船長(27)と
シリア人の乗組員(25)を過失致死、過失遭難、密航手引きの疑いで逮捕。イタリアのANSA通信によると、
当局は転覆原因について操船ミスと、難民・移民が船内で移動して船が傾いたためとみている。

 イタリアメディアが報じた生存者の証言によると、密航船はリビアを18日朝に出航。
18日午後10時(日本時間19日午前5時)ごろ、救助に向かったポルトガルの貨物船が接近した。
貨物船が横付けしようとした際、密航船の船長が操船を誤り、貨物船と激しく衝突。
船倉に閉じ込められていた難民・移民は衝撃でパニック状態となり、船がバランスを崩して転覆したという。
船長が船内の難民・移民に紛れ込もうとして、横付けの最後の操船作業を放棄して、衝突した可能性もある。

 船に乗っていた難民・移民の人数について、イタリア当局はポルトガル貨物船の情報などから「約850人」と推定。
UNHCRによると、エリトリア人約350人のほか、シリア、ソマリア、シエラレオネ、マリ、セネガルなどの出身者がいたという。
現場海域では捜索活動が続いているが、難民・移民の多くは船倉に閉じ込められていたとみられており、
乗船していたとされる女性約200人、子ども40~50人の遺体は見つかっていない。

 UNHCRは21日の声明で「地中海における過去最悪の事態となった」と述べた。

毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150422-00000055-mai-int
画像
http://amd.c.yimg.jp/amd/20150422-00000055-mai-000-5-view.jpg