Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

五輪を紹介

五輪を紹介

柏がACLグループ突破、日本勢で一番乗り…全北現代に競り勝ち首位決定

柏がACLグループ突破、日本勢で一番乗り…全北現代に競り勝ち首位決定

AFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節が22日に行われ、柏レイソルはホームで全北現代と対戦した。

 ここまで2勝2分けでグループ2位につけている柏は、勝利以上で決勝トーナメント出場が決定。DFキム・チャンスとFWレアンドロを出場停止で欠く中、首位・全北現代との大一番に臨んだ。

 試合が動いたのは9分。柏は右CKを獲得すると、キッカー輪湖直樹がファーサイドに上げたクロスに、エドゥアルドが頭で合わせネットを揺らした。柏が最初のチャンスを先制点に繋げる。20分には、左サイドでパスを受けた武富孝介がドリブルでペナルティエリア内に持ち込むと、相手選手3人に囲まれながらも右足を振り抜き、ゴール右隅に追加点を決めた。

 対する全北現代は35分、エリア手前やや左の位置でFKを獲得する。レオナルドが直接狙ったが、クロスバーに阻まれる。柏は攻撃の手を緩めない。39分、右サイドでボールを奪ったクリスティアーノがドリブルでエリア内に侵入。シュート性のクロスを入れると、ゴール前の武富が押し込んだ。柏の3点リードで前半を折り返す。

 66分、ハーフウェーライン付近でスルーパスに抜け出した輪湖が左サイドをフリーで駆け上がりそのままシュート。一度相手DFに阻まれ、そのこぼれ球に詰め寄ったがポストに弾かれる。直後、柏は失点を許す。右サイドからのクロスをイ・ドングクが鮮やかなオーバーヘッドで叩き込み、1点を返した。柏は輪湖、藤田優人に代えて山中亮輔、中谷進之介を投入する。

 追いかける全北現代は81分、イ・ドングクがエリア手前から豪快な右足シュートをネットに突き刺し、1点差まで詰め寄る。その後も全北現代の猛攻に遭うが、なんとかリードを守り切った柏が3-2で勝利。日本勢で最初の決勝トーナメント進出を決めた。

 柏は、5月6日に行われるグループステージ最終節でビン・ズオンと対戦する。

【スコア】
柏レイソル 3-2 全北現代

【得点者】
1-0 9分 エドゥアルド(柏レイソル)
2-0 20分 武富孝介(柏レイソル)
3-0 39分 武富孝介(柏レイソル)
3-1 67分 イ・ドングク(全北現代)
3-2 81分 イ・ドングク(全北現代)