Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

五輪を紹介

五輪を紹介

岡崎所属のマインツがシュミット監督との契約を2018年まで延長

 岡崎所属のマインツがシュミット監督との契約を2018年まで延長

 

 マインツを率いるシュミット監督 [写真]
 =Bongarts/Getty Images

  日本代表FW岡崎慎司が所属するマインツは21日、チームを率いるマルティン・シュミット監督との契約を2018年6月まで3年間延長することをクラブ公式HP上で発表した。
 
  スイス出身のシュミット監督は現在48歳で、2001年にFCラロンのアシスタントコーチから指導者の道を歩み始めた。その後、同チームの監督を務め、FCトゥーンのBチームを指揮すると、2010年からはマインツU-23(Bチーム)を率いていた。
 
  2015年2月にカスパー・ヒュルマンド監督が解任されると、トップチームの監督に昇格。監督就任以降の成績は、3勝3分け2敗となっている。
 
 

 本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。