Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

五輪を紹介

五輪を紹介

大林組、研究所の全電力を太陽光で 再エネ社会へ前進

 大林組、研究所の全電力を太陽光で 再エネ社会へ前進

 

 

 

  大林組技術研究所(東京都清瀬市)は、2014年度に本館ビルで使う年間エネルギーを構内の太陽光発電だけで賄う「ソース・ゼロ・エネルギー・ビル(ソースZEB)」を達成できることがほぼ確実になった。約200人のスタッフが働くオフィスビルにおけるソースZEB化の成功は、再生可能エネルギーだけでの生活を可能にする第一歩と言えそうだ。

 

  大林組技術研究所(敷地面積約6万9400m2(平方メートル)、建物床面積約3万5700m2)では、2010年度に本館「テクノステーション」が竣工して以来、着々とネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)化に取り組んできた。

 

  2011年度には、一般の事務所ビルに比べて57.2%のCO2(二酸化炭素)排出量削減と、再生可能エネルギーで発電した電力を購入する「カーボンクレジット」により、早くも「エミッションZEB」を達成した。

 

 大林組技術研究所本館「テクノステーション」(写真:家入龍太)

 

 

 ■太陽光パネルの合計出力は900kW

  さらに2014年11月には、省エネ、創エネ、蓄エネの設備を増強する工事が完成。2014年度には1年間に本館が消費する年間の電力すべてを、カーボンクレジットに頼らず、構内の太陽光発電だけでまかなう「ソースZEB」を達成することがほぼ確実になったのだ。

 

 大林組技術研究所のZEB化の歩み(資料:大林組)

 

 

 省エネ、創エネ、蓄エネのシステム全体イメージ(資料:大林組)

 

 

  2015年2月13日、技研の構内に設置された様々な省エネ、創エネ、蓄エネの設備が報道陣に公開された。

 

 [左]屋上に所狭しと並んだ太陽光発電パネル
 [右]シートタイプの太陽光発電パネル(写真:いずれも家入龍太)

 

  まず、目についたのは技研内の各建物の屋上に設置された太陽光パネルだ。本館の建物はもちろん、利用できそうスペースには、所狭しと設置されていた。これらの太陽光パネルの出力は合計約900kWにも及ぶ。

 

 大林組技術研究所の全景。本館や周辺の建物の屋上には太陽光発電パネルがぎっしりと並んでいる(写真:大林組)