Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

五輪を紹介

五輪を紹介

ケルン大迫、チームの課題挙げる「同じ意識でサッカーをしないと」

 ケルン大迫、チームの課題挙げる「同じ意識でサッカーをしないと」

 

 2試合連続先発出場を果たした大迫勇也 [写真]=Bongarts/Getty Images

  ブンデスリーガ第29節が18日に行われ、ヘルタ・ベルリンとケルンが対戦。ヘルタ・ベルリンは原口元気、ケルンは大迫勇也と長澤和輝が先発出場し、試合はスコアレスドローに終わった。試合後、大迫が記者団の取材に応じている。
 
  2戦連続で先発出場となった大迫は、徐々にコンディションが上がってきていると言い、「今日はまだボール触る回数が少なかったんで、これを増やすことが課題かなと思います」と振り返った。
 
  チームは守備に追われる時間が多い中、手堅く勝ち点1を手にした。大迫は「もうちょっとみんなで前に行くべきだった」といい、さらにはチームとしての課題も口にした。
 
 「何よりチームでまず同じ意識でサッカーをしないと。パスをつなぐところとつながないところ、守備でいくところといかないところ。単純なことですけど、それができるチームはしっかりと安定していいサッカーができると思う」とし、チーム内での意思統一の重要性を説いている。
 
  なお、ケルンは次節、ホームでレヴァークーゼンと対戦する。
 
 

 本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。