Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

五輪を紹介

五輪を紹介

ケルンとドローも手応えつかむ原口「一対一で勝てるようになってきた」

 ケルンとドローも手応えつかむ原口「一対一で勝てるようになってきた」

 

 ケルン戦に先発出場した原口元気(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

  ブンデスリーガ第29節が18日に行われ、ヘルタ・ベルリンとケルンが対戦。ヘルタ・ベルリンは原口元気、ケルンは大迫勇也と長澤和輝が先発出場し、試合はスコアレスドローに終わった。試合後、原口が記者団の取材に応じている。
 
  前線からアグレッシブにボールを追いかけたり、持ち味であるドリブルを仕掛けるシーンを何度も作り出していた原口。
 
  試合を振り返り、「(監督から)今日はホームなので前からプレッシャーをかけていこうということだったので、心掛けていました。僕がボールを持ったら、監督もチームメートも、ドリブルでボールを前に運んでいくことを求めている。そういうシーンは何度か作れたんじゃないかと思いますけど」と、好感触をつかんだ一方で、「悪くはなかったと思うんですけど、結果を残したかった」と悔しさを表した。
 
  リーグ前半戦はけがの影響もあり、出場機会に恵まれなかったが、後半戦は徐々に出場数を増やしている。
 
  原口は「一番変わったのはフィジカル的に追いついてきたこと。前半戦はけがをしたのもあって、一対一のシーンで負けてしまうことが多かったですけど、練習やトレーニングで意識することによって、だんだんブンデスでも一対一の球際に勝てるようになってきたし、ドリブルでも抜ききれるシーンが多くなってきたので、手応えをつかんでいます」と話し、さらにレベルアップするために「それをゴール前でやること。中盤やサイドでの一対一は勝てるようになってきたので」と、新たな課題を挙げた。
 
  次節は敵地で首位を独走中のバイエルンと対戦する。
 
  原口は「強いのは間違いないですけど、僕たちもポイント取らないといけないし、僕自身も勝てないなんて思ってないで、強気でいきたいなと思います」と述べ、「ボールを持たれる時間が多いので大変なのかなと思いますけど、DFラインは高いので、その裏に走っていけたらいいなと思います」と、試合をイメージしている。
 
  
 

 本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。