Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

五輪を紹介

五輪を紹介

レアルに痛手、モドリッチがじん帯負傷で最大1カ月以上の離脱か

 レアルに痛手、モドリッチがじん帯負傷で最大1カ月以上の離脱か

 

 マラガ戦で負傷交代を強いられたモドリッチ [写真]=Getty Images

  18日に行われたリーガ・エスパニョーラ第32節のマラガ戦で3-1の勝利を収めたレアル・マドリード。しかしこの試合で負傷交代したクロアチア代表MFルカ・モドリッチが5〜6週間の戦線離脱を強いられる可能性があると、同日にスペイン紙『アス』が報じた。
 
  同選手は先発出場したこの試合で、後半に相手選手のタックルを受けてひざを負傷。途中交代を余儀なくされていた。同紙によると、右ひざの外側側副じん帯に損傷を負った可能性があり、復帰までに5〜6週間を要する見込みとなった。
 
  1カ月以上の離脱となった場合、22日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント準々決勝セカンドレグのアトレティコ・マドリード戦の欠場は確実で、さらにチームが勝ち進んだとしても、モドリッチは準決勝の欠場を余儀なくされる。
 
  また、同じくマラガ戦で負傷交代していたウェールズ代表MFガレス・ベイルについて同紙は、20日に医療検査を行うと伝えている。
 
  リーグ戦では首位バルセロナを勝ち点差2で追いかけ、さらにチャンピオンズリーグ連覇に挑むレアル・マドリードだが、シーズン終盤に主力選手の負傷というアクシデントに見舞われることとなった。
 
 

 本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。