Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

五輪を紹介

五輪を紹介

吉田フル出場のサウサンプトン、CL出場圏が遠のく手痛い逆転負け

 吉田フル出場のサウサンプトン、CL出場圏が遠のく手痛い逆転負け

 

 決勝点を挙げたチャーリー・アダム(中央) [写真]=Getty Images

  プレミアリーグ第33節が18日に行われ、ストークと日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンが対戦した。吉田は先発出場している。
 
  試合を先に動かしたのはアウェーのサウサンプトンであった。22分、CKをニアサイドでジョゼ・フォンテが触り、モルガン・シュネデルランが合わせて先制。
 
  先制点を挙げサウサンプトンはなおも攻める。35分には、サディオ・マネからボールを受けたナサニエル・クラインが右足でシュートを放つもここは得点とはならず。
 
  一方、ホームのストークは43分にセットプレーからチャンス。こぼれ球にスティーヴン・ヌゾンジが飛び込むもシュートが枠にいかなかった。サウサンプトンが1点をリードし前半を終える。
 
  後半はストークが試合の主導権を握った。立ち上がりの47分、ストーク陣内からパスでつなぎペナルティエリア外付近でヌゾンジがボールを受ける。ヌゾンジは右足を振り抜きシュートを放った。ボールはポストに直撃し、こぼれたところをマメ・ビラム・ディウフが押し込みストークが同点に追いついた。
 
  同点になってからはお互いに決め手に欠ける展開が続く。しかし、引き分けでの試合終了も見えてきた終盤に試合は動いた。84分、ストークが左サイドからのパスのこぼれ球をジョン・ウォルターズがシュート。一度は防がれるも、再び拾ったチャーリー・アダムがシュートを放ち逆転ゴールを挙げる。
 
  90分には吉田のミスを見逃さず、ストークがダメ押し弾を奪うかと思われたが、ピーター・クラウチのシュートは枠を外れ得点を重ねることはできなかった。
  
  試合はこのまま2-1で終了。ストークは終了間際の得点で、貴重な勝ち点3を手にした。一方、チャンピオンズリーグ出場権を目指すサウサンプトンにとっては手痛い敗戦となった。なお、吉田はフル出場を果たしている。
 
  次節、サウサンプトンはホームでトッテナムと対戦する。
 
 【スコア】
 ストーク 2-1 サウサンプトン
 
 【得点者】
 0-1 22分 モルガン・シュネデルラン(サウサンプトン)
 1-1 47分 マメ・ビラム・ディウフ(ストーク)
 2-1 84分 チャーリー・アダム(ストーク)
  
 

 本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
 著作権は提供各社に帰属します。