Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

五輪を紹介

五輪を紹介

常に進化を続けた三菱「ランサーエボリューション」のこれが最終限定モデル!

 常に進化を続けた三菱「ランサーエボリューション」のこれが最終限定モデル!

 4月11日・12日に開催された「モータースポーツジャパン2015 フェスティバル イン お台場」の会場で、三菱自動車は「ランサーエボリューション ファイナルエディション」を一般公開した。世界ラリー選手権を戦うため、「ランサー」の4ドア・セダンに高性能ターボ・エンジンと4輪駆動システムを搭載した”ランエボ”の歴史に終止符を打つ最終モデルとして、日本では429万8,400円という価格(消費税込み)で1,000台のみが限定販売される。開発を担当された三菱自動車の方にお話を伺った。
 
 これまで販売されて来た「ランサーエボリューションX」との違いはどこでしょう?
 
 「一番大きな違いは、新たに排気バルブにナトリウム封入バルブを採用したことで、エンジンの最高出力が上がっていることです。具体的な数値はまだ発表できないんですが…」
 
 1,000台のためにそれを開発したのですか?
 
 「日本では1,000台ですけれど、世界各国で販売される台数を合わせればもっと多いので(笑)。いや、ナトリウム封入バルブというのは随分前から開発していたんですけど、なかなか投入するタイミングがなかった。ようやく採用できたのが、最後のモデルになってしまったわけですけれど…」
 
 それだけでパワーが上がるものなのですか?
 
 「今までの300psという最高出力は、耐熱性のマージンを見込んでそこで抑えていたわけです。ランサーエボリューションは一般に市販されるクルマですから、お客様に何年も乗っていただけるような信頼性、耐久性を確保しなければなりません。それが今回、ナトリウム封入バルブを採用したことで冷却性能が高まり、もう少し上げても大丈夫ということになりました」
 
 ナトリウム封入バルブという言葉は他車でもよく聞きますが、ランサーエボリューションにはこれまで採用されていなかったのですか?
 
 「ナトリウム封入バルブというもの自体は、エボリューションIX(ナイン)までのモデルにも採用されていたのですが、X(テン)になったとき、エンジンがそれまでの4G63型から新開発の4B11型へ替わりまして、そのときもう使わなくても充分なパワーが出せるということで一度採用を止めたのです。ただ、従来はバルブの支柱の部分にしかナトリウムが入っていなかったんですけど、今回は傘の部分にまで入っているため、より冷却性能が上がり軽量にもなっています」
 
 では最後にこれでもう”やり切った”という感じですか?(笑)
 
 「毎回、完成したときにはやり切ったと思うのですが、ランサーエボリューションというクルマは完成したらすぐにそれを否定して、次に出来ることを探すという姿勢で開発して来ましたので…」
 
 なるほど、この車名は”ランサーのエボリューション・モデル”というだけでなく、常に”エボリューション”していくという意味もあるわけですね。…