Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

五輪を紹介

五輪を紹介

無敗の浦和が逆転勝利で単独首位、王者G大阪が2位に浮上/J1・1st第6節

 無敗の浦和が逆転勝利で単独首位、王者G大阪が2位に浮上/J1・1st第6節

 2015明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第6節が16日と18日に各地で行われた。
 
  首位タイの浦和レッズは、ホームに4試合負けなしの横浜F・マリノスを迎えた。試合は34分にアデミウソンのパスを受けた伊藤翔が得点し、横浜FMが先制する。しかし、42分に武藤雄樹が同点ゴールを決めると、前半アディショナルタイム1分に梅崎司のヘディングシュートが決まり、前半の間に逆転に成功した。後半も浦和に追加点のチャンスがあったが、スコアは動かず、2-1で浦和が横浜FMを下している。
 
  同じく首位タイのFC東京とサンフレッチェ広島の一戦は、開始1分にこぼれ球を武藤嘉紀が決めてFC東京が先制に成功。しかし、11分にドウグラスの突破から柴崎晃誠が得点し、同点に追いつく。すると1-1で迎えた82分、広島は途中出場の浅野拓磨がハーフウェイライン付近から単独で突破。そのまま独力で勝ち越しゴールを決め、2-1で広島がFC東京に勝利した。
 
  3位のガンバ大阪は、敵地で湘南ベルマーレと対戦した。試合は、26分にG大阪の宇佐美貴史がこぼれ球を押し込んで先制。さらに試合終了間際には、湘南の永木亮太がペナルティエリア内で倉田秋を倒し、PKを献上してしまう。これを遠藤保仁がゴール右に沈め、2-0でG大阪が湘南を破った。
 
  その他に、サガン鳥栖が3-0でヴァンフォーレ甲府に勝利、川崎フロンターレがベガルタ仙台を3-2で下している。
 
  この結果浦和が首位を守り、前節首位タイのFC東京は5位に後退。G大阪が2位に浮上した。
 
  J1ファーストステージ第6節、その他の試合結果は以下の通り。
 
 ■J1 1st第6節結果
 16日
 柏レイソル 1-2 鹿島アントラーズ
 18日
 ベガルタ仙台 2-3 川崎フロンターレ
 モンテディオ山形 0-0 松本山雅FC
 ヴァンフォーレ甲府 0-3 サガン鳥栖
 アルビレックス新潟 2-2 ヴィッセル神戸
 FC東京 1-2 サンフレッチェ広島
 浦和レッズ 2-1 横浜F・マリノス
 湘南ベルマーレ 0-2 ガンバ大阪
 名古屋グランパス 3-1 清水エスパルス
 
 ■J1 1st第6節順位表
 1位 浦和(勝ち点14/得失点差5)
 2位 G大阪(勝ち点13/得失点差6)
 3位 鳥栖(勝ち点12/得失点差3)
 4位 川崎(勝ち点11/得失点差5)
 5位 FC東京(勝ち点11/得失点差3)
 6位 広島(勝ち点7/得失点差1)
 7位 仙台(勝ち点9/得失点差2)
 8位 名古屋(勝ち点8/得失点差1)
 8位 鹿島(勝ち点8/得失点差1)
 10位 神戸(勝ち点8/得失点差1)
 11位 横浜FM(勝ち点8/得失点差-1)
 12位 柏(勝ち点7/得失点差-1)
 13位 湘南(勝ち点7/得失点差-1)
 14位 新潟(勝ち点5/得失点差-3)
 15位 松本(勝ち点5/得失点差-3)
 16位 清水(勝ち点4/得失点差-3)
 17位 山形(勝ち点3/得失点差-4)
 18位 甲府(勝ち点3/得失点差-10)
 
 ■J1 1st第7節対戦カード(4月25日、26日開催)
 鹿島 vs 神戸
 松本 vs 仙台
 広島 vs 清水
 横浜FM vs 湘南
 鳥栖 vs 柏
 浦和 vs 名古屋
 山形 vs FC東京
 川崎 vs 甲府
 G大阪vs 新潟 ※26日