Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

五輪を紹介

五輪を紹介

かんぽ生命の短期払養老保険、金融庁・総務省が認可

かんぽ生命の短期払養老保険、金融庁・総務省が認可 

 [東京 15日 ロイター] – 金融庁と総務省は15日、日本郵政グループ[IPO.JAPP.T]傘下のかんぽ生命から申請されていた短期払養老保険の販売を認可した。

 養老保険は老後に備えた貯蓄性商品という位置付けで販売されているが、短期払養老保険では保険料を保険期間にわたって払うのではなく、保険料の払い込みが短期で終わる点に特徴がある。

 かんぽ生命は2月19日に認可を申請。郵政民営化委員会は4月3日付で金融庁長官と総務大臣に対して意見書を出し、その中で「こうした商品は民営化以前にも取り扱われており、実施に問題はない」「本件により養老保険の貯蓄性が向上することから、貯蓄性を求める顧客ニーズに応えるもの」などと明記した。

 かんぽ生命は、10年払い込み、15年満期の養老保険を10月から取り扱う予定。

 Thomson Reuters 2015 All rights reserved.