Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

五輪を紹介

五輪を紹介

ジョンソン・エンド・ジョンソン、通年の利益見通し引き下げ

ジョンソン・エンド・ジョンソン、通年の利益見通し引き下げ 

 [14日 ロイター] – 米医薬品・日用品大手のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)(JNJ.N: 株価, 企業情報, レポート)は14日、ドル高が海外事業の収益を引き続き圧迫するとし、通年の利益見通しを引き下げた。

 同日発表した第1・四半期決算は減収減益となったものの、特別項目を除く1株利益と売上高が市場予想を上回ったことから、米株式市場で、J&Jの株価は小高く推移している。

 J&Jは、通年利益見通しを1株当たり6.04─6.19ドルとし、従来予想の6.12─6.27ドルから引き下げた。トムソン・ロイター・エスティメーツのまとめたアナリスト予想は6.16ドル。

 2014年は海外での売上高が全体の半分以上を占めた。

 第1・四半期決算は、純利益が前年同期比8.6%減の43億2000万ドル(1株当たり1.53ドル)となった。

 特別項目を除く1株利益は1.56ドルと、市場予想の1.54ドルを上回った。

 総売上高は4.1%減の173億7000万ドル。市場予想は173億1000万ドルだった。

 海外での売上高は約12.4%減の86億8000万ドル。ドル高の影響がなければ、1%増となっていたもよう。

 *内容と写真、配信カテゴリーを追加して再送します。

 Thomson Reuters 2015 All rights reserved.